杉真理の世界-SUMMEER LOUNGE-

トップページ音楽杉真理の世界>SUMMEER LOUNGE

A Radio Story

サマー・ラウンジ(SUMMEER LOUNGE)

SUMMEER LOUNGE

前作の『WINTER LOUNGE』から半年、自身のアルバム『Have A Hot Day!』からはなんと1週間後という短期間でリリースされた、オムニバス・アルバムの第2弾です。『WINTER LOUNGE』の時は全12曲のうち半分の6曲を手がけてたんですけど今回は何と2曲のみ!そのせいか杉さんも参加アーティストの1人の様な感じになっています。『WINTER LOUNGE』と同じスタイルのアルバムなのにまるで違う雰囲気に作り上げられているんです。もちろん季節が正反対なのでまるで違うのは当たり前なんですけど(笑)『Have A Hot Day!』とほぼ同時リリースだったのであえて違う音にしたのは大正解だったと思います。前2作がコンピレーションなら本アルバムは完全なオムニバス。ちょっと新鮮なのはいつものメンバーの他に種ともこや有名になる前のプリンセス・プリンセスなどが参加している事。特に種ともこはデビュー当時から好きだったので「さすが杉さん!御目が高いっ!」と思ったりしました(笑)是非『Have A Hot Day!』とセットで聴いてほしいアルバムです♪


発売日


★各曲の感想★

Holiday Company(Holiday Company)

Holiday Company1987年6月11日に『SUMMER LOUNGE』からの1stカットとして、アルバムと同時に発売されました。通算では16枚目のシングルになります。シングルのジャケットは『WINTER LOUNGE』のサンタクロースがスクーターに乗っているイラストでした(右)この当時僕が一番好きなアレンジャーである新川博氏によるアレンジで斬新なサウンドに仕上がってます。シンセ・ベースの音とか、ブラス系の音とか当時の流行の音が満載です♪そのせいか、最初は本当に杉さんが書いた曲なのか分からなかったくらいです(笑)ちなみに「♪パーラーダーイス」という所が杉さんらしくて一番好きです^^前回の『Have A Hot Day!』の懐かしい夏とは違い、こちらは最新の夏。今となってはどちらも懐かしいですけど(笑)途中の語りは何度聞いても照れてしまいます。ギラギラの太陽の下に飛び出していきたくなるような1曲です。

お気に入りの歌詞:ガイドブックにのってない旅 お早くご予約をどうぞ

グッバイ ロッカフラボーイ(Good-bye Rock-a-hula boy)

Holiday Company」の次に持ってくるとは意表をついた選曲です。サビだけがガラッと違う雰囲気に変わるというユニークな1曲です。僕は個人的に今回の『SUMMER LOUNGE』の鍵を握る人物は種ともこだと思ってるんです。彼女はこのアルバムの中でポイントとなる所に必ず登場します。この曲もイントロとサビという一番おいしい所を独り占めしています^^ちなみにチャカと2人でのコーラスだというのに完全にチャカの個性さえも消してしまっています(笑)でもその彼女の強烈な個性的な声がこの杉さんのソロ曲を一風変わった雰囲気にするのに一役も二役も買っています。そのわりにこの後のアルバムに登場しないんですけどね(笑)タイトルからはプレスリーロッカ・フラ・ベイビーを連想します^^意味的にはフラダンス好きの少年という事になるんでしょうか(笑)地球の事を大きな地球儀という辺りに杉さんらしいセンスを感じます♪

お気に入りの歌詞:大きな地球儀の上の恋 小さな僕ら

パーティーはすぐはじまりさ(Party wa Sugu Hajimarisa)

パーティーはすぐはじまりさホンキー・トンクなピアノがムードを盛り上げるラスト・ソングです。曲を書いたのは南佳孝。「A面で恋をして」以来の杉さん以外の人が書いた曲の感想になります♪でも、全く違和感が無いですよね〜。2人の共通した音の好みを垣間見た気がします♪本当に素晴らしいメロディーです^^えっと、個人的な話になりますけど、実は杉さんのアルバムで『SONG WRITER』と、この『SUMMER LOUNGE』だけがCDを所有していないんです。どの文章も曲を聴きながら書いてるんですけど、CDだとリピートが出来るのに、アナログ盤だと1回1回針を落とさなければならないので結構大変です。おかげでなかなか文章が先に進みません・・・。って言うか、そんな事は別に誰も知りたくないですよね(笑)この曲は最後の曲なんですけど僕はアルバムのテーマソングだと思っています。他の9曲がラストのこの曲に向かって一気に流れ込んできます。そう思って聴くとこの曲の良さを更に体感できると思います。ちなみに歌詞は「パーティーはすぐはじまるさ」なのにタイトルは「パーティーはすぐはじまりさ」。この辺りも不思議な曲ですよね(笑)「パーティーはすぐはじまりさ」って・・・。

お気に入りの歌詞:どこにでもいる様な二人なら恋をしよう


収録曲目一覧

太字はシングル曲、Bonus Tracksは2007.08.22の再発盤のみの収録です。

▲このページのトップに