杉真理の世界-STARGAZER/OVERLAP-

トップページ音楽杉真理の世界>STARGAZER/OVERLAP

A Radio Story

スターゲイザー/オーバーラップ(STARGAZER/OVERLAP)

WONDERFUL LIFE

再発の形としては一応、納得の作品です。でも、あえて欲を言えば2枚組にするのなら「Song Writer」と「OVERLAP」か「STARGAZER」と「Mistone」という組み合わせの方が杉作品の理解が進む気がするんです。それと、ボーナス・トラックについて。「OH CANDY」のデモ・バージョンは曲をより楽しむ為の貴重なテイクなのでいいんです♪「街で見かけた君」はシングル「ガラスの恋人」を所有している人しか聴けなかった、コレも貴重な音源、嬉しい限りです。でも・・・。「On The B Side」はないでしょぉっ!コレを入れるのなら「Mistone」か「SYMPHONY#10」に入れるべきなんですっ!音的にも時代的にも・・・。逆に言えばその2枚のアルバムの再発を考えていないとも受け取れるわけで・・・。どうせ聴くなら一番いいコンディション(選曲)で杉作品を楽しんで欲しいんです。「On The B Side」に関しては前述の2アルバムか、シングルで・・・・・。(注)と、色々書きましたが、実は結構好きなんです、この2枚組(笑)杉さんのオリジナル・アルバムできちんと発売されている数少ないCDの1つなんです。それに2枚組にしてくれたところが泣かせます。(Discの順番が逆なのはさておき)別々に持ってる人もどちらも持ってない人も是非手にして欲しいと思っていますっ!それは何故かというと・・・杉さん本人による曲の解説が入ってるんです!コレだけでも手に入れる価値ありですっ!さぁ、そうと分かったら近くのCD屋にGO!曲の感想はそれぞれ「STARGAZER」「OVERLAP」のページで♪ココではそれらに未収録の曲の感想を書いておきます。


(注)2007.07.25のSYMPHONY#10のリイシューの際にめでたくOn The B SideI DON'T LIKE POPSがボーナストラックとして追加されました♪


発売日


★各曲の感想★

OH CANDY(2001アコースティックデモバージョン)(OH CANDY)

実はこのバージョンについてはよく知らないのでCDに付いていた解説を読んでみると2001年に杉さんの自宅で録られたデモ・テープらしいです。杉さんのデモ・テープってすごくよく出来ていると評判は聞いていたんですけど実際に聞いたのはコレが初めてです。デモ・テープでこの完成度・・・。確かにすごいです(笑)

お気に入りの歌詞:魚座の僕は 恋の海じゃカナヅチ お手あげだよ

ON THE B SIDE(ON THE B SIDE)

ON THE B SIDE1985年4月21日に発表された12枚目のシングルは杉さん唯一の12インチシングル「I DON'T LIKE POPS」でした。この曲はスペシャル・サマー・ミックス・メドレーと名付けられていて6つの曲がメドレーで繋がって演奏されています。「I DON'T LIKE POPS」はどのアルバムにも収められていないのでココで紹介をしておきますね♪メドレーの曲目は「Crying Angel(SYMPHONY#10収録)」〜「無実のスーパーマン(SYMPHONY#10収録)」〜「素敵なSummer days(Stargazer収録)」〜「Joker On The Street(新曲)」〜「Sentimental Dancing(SYMPHONY#10収録)」〜「You're my No.1(MADE IN HEAVEN収録)」となっています。そしてこのシングルのB面に収められていた曲だから「ON THE B SIDE」(笑)ポール・マッカートニーのアルバム、「バンド・オン・ザ・ラン」収録の「1985」を彷彿させるサウンドで、1985年にこの曲を聴けた喜びはなんとも言えないものでした。「ON THE B SIDE」のおかげで「1985」もちゃんと1985年に忘れずに聴く事が出来ました。センスのいいパロディーです♪

お気に入りの歌詞この世界から 選ばれなかった片方の道  きっとそこには置き忘れた 何かがあるはずさ

街で見かけた君(MACHI DE MIKAKETA KIMI)

ガラスの恋人あまり、重要な事ではないんですけど、この曲は杉さんにしては珍しく英語のタイトルのない曲なんです。後のアルバム「Have A Hot Day!」に収録される時には「Somewhere,Someone」というタイトルが付くんですけど、この時点では英語のタイトルは無いままです。本当にどうでもいい事ですけど(笑)この曲は1981年9月21日に4枚目のシングルとして発表された「ガラスの恋人」のカップリング曲でした。夏の終わりに珈琲屋の片隅で街で見かけた女の子を思い出しているという歌です。その女の子とは今のところ何も無くて、いや、これからもひょっとして・・・というような内容で、ちょっと村上春樹の短編っぽいシチュエーションかも知れませんね(笑)いかにもB面という感じの曲でしたがこの度めでたく初CD化!この曲が聴きたくてCDを手に入れた人もきっと居るはずです(笑)あとは、「I DON'T LIKE POPS」のCD化を待つばかり♪

お気に入りの歌詞:友達の前で君を呼びたいよ 僕の見つけた人


収録曲目一覧

太字はシングル曲です。

▲このページのトップに