杉真理の世界-MADE IN HEAVEN-

トップページ音楽杉真理の世界>MADE IN HEAVEN

A Radio Story

メイド・イン・ヘヴン(MADE IN HEAVEN)

MISTONE

前回の終わりに書いたんですけど、僕は最初このアルバムをあまり聴けなかったんです。それは前作のHappy Endingの「終わり感」がまだこの時点で消えていなかったんです(笑)それにYou're my No.1Do You Feel Meが収録されているという事で「未発表テイク集」の様に感じてしまったんです。(特に微熱少年に納められているDo You Feel Meが大好きだったということもありますが・・・。)だからこのアルバムが出た当初はむしろ過去の、それこそ「Overlap」とか「SABRINA」ばかり聴いていました。再び聴く様になったきっかけはこのアルバムを聴いた僕の友人が、杉さんの一番好きな曲に「Surfside Drive」をあげたことだったでした。最初は「え?!」と思ったんですけど聞き返してみると確かにものすごく杉さんっぽいっ!・・・で、思ったんです。知らず知らずのうちに僕の中で「杉ワールド」を勝手に決め付けてたんだな〜って(笑)だからそれとちょっとでも外れると違和感を覚えたんですよね。僕は常々色んなところで言うんですけど、一人のアーティストを聴き続ける事って聴く側にもそれなりのパワーが必要なんです。人と人のつながりも永遠に同じ様には続かないですよね。愛したり、嫌ったり、怒ったり、心配したり、あきれたり。それってアーティストとのつながりでも一緒なんです。好きなアーティストに対しても1度は「コレはちょっと違うな〜」という思いが横切ったり。で、その「コレはちょっと違うな〜」の時にそのアーティストとお別れするのか、とことん向き合うのかでその後の世界観がガラッと変わるんですよね。僕にとってはそのきっかけとなったアルバムがこのMADE IN HEAVENだったというわけです。このアルバムを聴いて透けてくるキーワードは「未来」。だからなんでしょうか、このMADE IN HEAVEN、聴けば聴くほど、どんどん良くなっていくんですよね^^音が未来に、未来に伸びて行ってるんです(笑)で、結局今では好きなアルバムの上位にランクされるほどになりました♪


発売日


★各曲の感想★

未来世紀の恋人へ(Futurum)

全体的にアコースティック・ギターを効果的に使ってる印象の強いMADE IN HEAVENの1曲目は今までに無い曲調です。アコギの使い方もそうですけど、メロディ・ラインがどちらかというとボサノヴァに近い感じがします。「♪色とりどりに咲く・・・」の裏打ちのメロディーが杉さんにしては珍しいし、16ビートのシャッフルも今までなかったですよね。杉さん風の「イパネマの娘」といったところでしょうか^^また間奏の12弦ギターのソロが美しい!何箇所かでも書きましたけど、杉さんの曲って間奏も含めて1曲なんですよね。アドリブ・ソロで間を繋ぐんじゃなくて、曲の1部として重要な位置を占めてるんです。ちなみに英語タイトルのFuturumは未来という意味です。正確には英語ではないんですけど(笑)曲の内容はこれから生まれてくる愛しい人に美しい未来を願うといった壮大な愛の歌です♪

お気に入りの歌詞:君の為の夏を 美しく残しておきたいよ

青い楽園(Paradaise Great Blue Sea)

イントロの雰囲気はまるで大滝詠一のサウンドを思わせます。でも、クレジットを見ると嶋田陽一がギター以外の全てのパートを演奏してるんですよね。打ち込みがメインだという事なんでしょうけど、なんて暖かい音なんでしょう。エコーの使い方や音色の選び方に細心の注意が払われているのが分かります。ヘッドホンで聴くと実に様々な音が使われてるのも分かってそれだけで楽しくなってきます♪他の曲もそうなんですけど、この曲は特に歌詞の世界とサウンドの雰囲気がピッタリなんですよね。この星を美しい青い楽園に見立てた詩に、広がりのあるサウンドの世界観が完璧に一致しています。だから安心して曲に心を任せることが出きるんだと思います。詩だけが飛び出してきたり、メロディーが棒読みだったりする曲が多い中、本当に貴重な1曲だと思います♪

お気に入りの歌詞:きっと僕たちも知っていたはずさ こんなに美しい世界を

Rosemary Street(Rosemary Street)

今度は一転してニュージャックスイング風のポップ・ナンバー。このアルバムのオリジナルの中で、最初に気に入った曲です。このアルバムは意識的に過去の作風の曲を入れてないような気がするんです。今まで強く打ち出してきた「夢」というキーワードが少し奥に引っ込んで音の楽しさを追求したアルバムの様な気がします。「夢」を信じると言い続ける事が逆にメッセージ性を帯びて違うニュアンスに変わっていくのを避けたのかも知れません。(ちょうど、メッセージ性のある歌ばかりが評価される時期でしたし^^)曲の内容は似たものどうしの別れた恋人の事を想う歌で、僕の中では『WONDERFUL LIFE』収録の「My House」の続編の様な位置づけになっています。それにしてもなんて楽しそうな演奏なんでしょう^^E・ギターはムーンライダーズの白井良明が参加。特にエンディングのソロがなんとも個性的です^^ローズマリーと聞くとフライング・マシーンの「笑ってローズマリーちゃん」を連想するんですけど、曲調も歌詞の内容も全然関連がありません(笑)

お気に入りの歌詞:仕事はどうだい 髪はのびたかい けんかの相手はもう出来たかい

Heaven In My Heart(Heaven In My Heart)

このアルバムが発売された当時は湾岸戦争ソ連の崩壊など時代が過激に変貌をし始めている時期でした。世の中が強い刺激に慣れ始めてきたのに加えてバブルも崩壊。そんな時期にこの曲が世に出たというのはものすごく意味のあることだと思うんです。当時の流行だったジュリアナなどの煌びやかな時世の対極にいる女の子に歌いかけてる様な歌で、自己嫌悪に陥っても、ありのままの君の存在こそが僕の宝物なんだよと優しく歌いかけてくれます。急がず慌てず自分らしく生きていけば、そんな君を誰かがどこかで見ていてくれると言われているようで元気がもらえます。・・・と、言っても僕は女の子じゃないんですけどね(笑)イントロのハーモニカの使い方が今までのビートルズ風というよりはスティービー・ワンダー風なのも印象的です。

お気に入りの歌詞:迷わなくていいよ 大丈夫それが君らしいなら

君にギターを教えよう(Someday Again)

この曲のタイトルを最初に見た時、正直「?」でした(笑)今までこういうタイトル無かったですよね^^この曲はストリングスとギターの組み合わせなんですけど、今までの曲とは全然違う雰囲気がするから不思議です。This Feelingと同じくコーラスが入らない曲なので杉さんの声がストレートに響いてきます♪どちらかというとアルバムの最後を飾る様な曲なんですけどあえて5曲目に持ってくる辺りがCDでありながらアナログ盤を意識した曲順なのかな〜と深読みしてしまいます(笑)

お気に入りの歌詞:そうさ 失くしたものたち どこか遠くから 君を見守ってる

You're my No.1(You're my No.1)

きっとアナログならこの曲がA面の最後になるんだと思います。『SYMPHONY#10』で言うと「僕のシェリーと少し」でしっとりして「恋愛狂時代」でサイドをしめるみたいな(笑)元々は1985年の12インチシングル『I DON'T LIKE POPS』に収められていた曲の完全版です。演奏はドリーマーズでこのアルバムでは最も杉度の高い1曲になっています。ここに京田誠一セイラウェイが加わればもう完璧だったんですけど・・・。聴き所は杉さんのカズーによる間奏(笑)カズーは一見笛の様な形をしてるんですけど、吹くのではなく、口にくわえて歌う楽器なんです。つまり、金属製の筒を口にくわえて杉さんが歌ってるんです。最後近くのちょっと苦しそうな高音の後の「♪恋をしたなら〜」の切り替えがなんとも微笑ましいですよね^^個人的にお気に入りのフレーズは3分03秒のところに入るベースのフィルインです。こういうさりげないフレーズが入るのはバンドならですよね。突然目の前に現れた女の子になすすべも無く恋に落ちた少年の歌で、当時はこの心境が心から理解できたものでした(笑)

お気に入りの歌詞:恋をしたならこの世界は ロマンチックな教室に変わる

Surfside Drive(Surfside Drive)

まるでビーチボーイズの訳詩を読んでいるような歌詞で、能天気な夏讃歌です(笑)このアルバムに限らず、僕はほとんどの場合CDを1曲目から連続で最後まで聞く事は無いんです。リピートで聞く場合はプログラム再生を利用してA面だけとかB面だけとかをリピートします。もし連続で聴くなら、いちどA面のところで止めてから再び残り(B面分)を再生!そうしないとアーティストが曲順に込めた思いを見逃してしまいそうな気がするんです。そういう意味で言うとこの曲はバーチャルB面の1曲目になります。実は後半の曲はここからスタートさせて聴く方がよりイメージがクリアになるんです。だまされたと思って是非お試しくださいね(笑)

お気に入りの歌詞:日焼けが苦手なんだよ

波の彼方Hawaii(Hawaii, Beyond The Ocwan)

さて、後半はというと前半とは打って変わって8ビート系の曲が続いていきます。(この曲は厳密には8ビートではないんですけど・・・。)後半のコーラスはほとんどの曲に松尾清憲小室和之というBOXコンビが加わります。こうしてみるとやっぱりアルバムをアナログ仕立てで作っているのは間違いなさそうです^^よく聴くと遠くに聞こえるコーラスがなんと言ってもポイントです。実はこの曲、僕が生涯で初めてフルコーラス聴いたハワイアンなんです。だから、僕にとってこの曲がハワイアンの基準になってしまっています。でもそういう人はきっと多いでしょうね^^もっと言えば牧伸二以外の人のウクレレを聴いたのもこの時が初めてでした(笑)だって、普通にポップスを聴いてるとハワイアンに出会う機会って無いですものね^^それにしてもBOXトリオでハワイアンを歌うなんて誰が想像したでしょう(笑)

お気に入りの歌詞:すべての船は Hawaiiに向かう

渚の願い(On The Beach)

今回2曲目のドリーマーズの演奏曲です。今回は松尾清憲がハモリで参加しています。特に「ビ〜〜ィチ」の部分の雰囲気は絶品です♪A面の包み込むような優しさに対してB面では心の夏をかき立てる構成になっているのにここで気付かされます。「恋の季節」や「二人のシーズン」、「ハートせつなく」など懐かしい曲名が所々にちりばめられています。その他にも「潮風に夕陽がないている」などのフレーズやタイトルがどこかGSを彷彿させる作りになってます。(あまり詳しくないので誰風とは言えないんですけど・・・。)サウンド面でもタンバリン使い方やオルガンの音色などかなり芸が細かい!(笑)しかしここまでの9曲が全て違う音楽ジャンルから作られているというのも圧巻です!

お気に入りの歌詞:君がいなければ 暑いだけの夏

Do You Feel Me(Do You Feel Me)

微熱少年のサントラに収められていた名曲の新録バージョンです。この曲を聴くためにこのアルバムを買ってもいいくらいです、本当に(笑)実はオリジナル・アルバムではデビュー以来、初めて杉さん以外の人が書いた詩を歌う事になるんですよね。でも全然違和感が無い!歌詞の内容は好きな女の子に対する僕の想いを歌った歌で「君が好き」という言葉を1度も使わずに熱烈な想いを表現しています。松本隆という人の凄さが垣間見えるそんな1曲です。(小説を読んで聴くともっと曲の世界が理解できますよ^^)歌詞は唯一書いてない曲ですけど、逆に編曲は唯一担当しています。イントロもアウトロも無い、MADE IN HEAVENの中では最も短い曲で、それが何度も聴きたくなる気持ちをあおってくれるんです。そのうち竹内まりやがカバーしてくれないかな・・・なんて時々思っちゃったりします(笑)

お気に入りの歌詞:ささやいてよあなただけが Please Tell Me 大切だと・・・

オペラ座の夜(The Phantom Of The Opera House)

さらばシベリア鉄道っぽいイントロから一転、BOXの2ndの様な世界に突入します!おそらくこのアルバムの中で最もキャッチーな曲だと思います♪でも、こういう曲を書く人ってあまりいない気がしますよね(笑)余談ですけど、アルバム・タイトルのMADE IN HEAVENオペラ座の夜クイーンのアルバム・タイトルと一緒なんですけど、クイーンMADE IN HEAVENは杉さんのアルバムが発売された4年後に発売されています。(ちなみにMade In Heavenという曲そのものは1985年の発表です。)で、最初にこの曲を聴いた時、クイーンと同じタイトルだぁ・・・としか思わなかったんです。でもこのアルバムの発売から半年後にフレディ・マーキュリーがこの世を去るんですよね。そして、その後に出たクイーンのラスト・アルバムのタイトルがMADE IN HEAVEN。なんだか鳥肌が立った記憶があります。・・・曲はクイーンに直接関係無いんですけど(笑)

お気に入りの歌詞:人生は一幕の夢

I'm so sorry(I'm So Sorry)

最後の曲はピアノがメインのバラードで前半はしっとりと、途中から他の楽器が入ってきた辺りから初期のBOXを彷彿させる曲調に変わっていきます。どこまでが1番なのかを決めづらいという珍しい展開の曲です。この間奏の雰囲気がどこと無くポール・マッカートニーぽくって個人的には感動しちゃうんです^^美しいバラードなんだけど、演奏は決して緩くなくて、ドラムなんて結構力のいるプレイだったりするんです。混沌の中に見える一筋の希望みたいなものをサウンドで表現している気がします。歌詞は「愛する君を悲しませてごめんなさい」という歌なんですけど、その原因って寄り添えない切なさの事の様な気がするんです。そしてその時、相手に素直に「ごめんなさい」と言うことによって離れかけた距離がまた元に戻ることってありますよね。これってとてもシンプルで、きっと誰にでも当てはまるそんな思いなんだと思います。心から人に「ごめんなさい」って言える人って大きな心を持っている人の様な気がしますよね^^これ以上2人の距離が離れてしまわないように、この曲の「僕」は自分から「ごめんなさい」と告げたんだと思うんです。いつものように勝手な解釈ですけど(笑)そしてこの曲でめでたくMADE IN HEAVENは終了となります。そして次回からの2枚のアルバムでドPOPな世界にいよいよ突入していく事になります。そう思うと急にこの世界が名残惜しくもなってきますよね(笑)

お気に入りの歌詞:愛し合う心は ガラスのオルゴ−ル


収録曲目

▲このページのトップに