杉真理の世界-WONDERFUL LIFE-

トップページ音楽杉真理の世界>WONDERFUL LIFE

A Radio Story

ワンダフル・ライフ(WONDERFUL LIFE)

WONDERFUL LIFE

杉さんのアルバムの中で最もバラエティーに富んでいるアルバムで、曲の構成もしっかりしている名作です。しかもBOXを除くと最も松尾清憲の参加した曲が多い1枚でもあります。完成度から見れば杉作品の中では上位に入るアルバムなのではないでしょうか。これほど1枚の中で純粋に杉さんの世界が楽しめるアルバムは他にはあまりない様な気がします。そして初めて杉さんを聴く人よりも杉ファン向けの作品だと思います。それは良い意味で新たなリスナー獲得という商業的な雰囲気が感じがあまりしないからなんですよね。むしろ、長く杉さんの曲を聴いてくれてた人を想定してみんなでこの「WONDERFUL LIFE」の世界観を共有しようとしてる気がします。だから曲は確かにバラエティーに富んでるんですけどベスト盤の様なバラバラな感じではないのはきっとそういう統一された雰囲気がどこかしらにあるからなんでしょう。音楽的にみても1曲の中でも様々な展開があってかなり凝った作りになっています。でも、決してマニアックという訳ではないんですよね。杉さんを初めて聴く人でもポップスを愛する心があれば意外なくらいスッと心の中に溶け込んでいく作品だと思います。前回のBOXの後には「Ladies&Gentleman」のようにソロとしての視点が強く打ち出されていたのに対して今回はBOX風の曲をあえて入れて前作との違いを際ださせています。


発売日


★各曲の感想★

Overture(Overture)

楠瀬誠志朗の声が個人的にはすごく耳に残るんです。実はこの曲はアルバムの展開上ではちょっとした仕掛けになってる曲でその辺りの事はまた後ほど書きたいと思います。

お気に入りの歌詞:パジャマのまま いつか不思議の国へ

恋の手ほどき−X'mas in Love−(X'mas In Love)

恋の手ほどき−X'mas in Love−今回のアルバムと前作の今回の「Ladies&Gentleman」は僕的にはどこか似た雰囲気を感じるんです。特にこの曲は2つのアルバムを密接なものにしている気がします。アレンジは前作の京田誠一から嶋田陽一に代わったんですけど(一部京田誠一が担当していますけど)同じドリーマーズのメンバーだけあって違和感がないですよね。これはきっと杉さんの世界観をドリーマーズのメンバーが愛しているからなんだと思います。嶋田陽一のアレンジはギターの使い方がカッコよくて特に左側のスピーカーから出てくるフレーズが僕はとてもお気に入りなんです。(ちょっとスキニー・ボーイっぽいんです^^)さて、曲の中身なんですけど、歌詞の中にLonely Girlという単語が出てくるからかも知れませんけど1990年の「Lonely Girl」に「また会えたね!」という気になります。それにしても杉さんの冬の曲って何でこんなに暖かいんでしょう♪ちなみにコーラスでは松尾清憲が参加しているとクレジットされているんですけどちょっと控え気味のトーンになっています。この曲は1990年11月21日にアルバムに先立って発売された21枚目のシングル「Wonderful Life」のカップリングとして発表されました

お気に入りの歌詞:君は誰に会うために ここに生まれてきたの?

二人の風景画(Place In The Past)

ちょっと、カーペンターズを思わせるような1曲です。コーラスにはこちらも松尾清憲が参加。メロディーがとても美しい!余談ですけど、5月の歌ってポップスの中には意外と少ないという研究結果を出した事が昔あったんです(ヒマでしょ?(笑))でも、杉さんには「OH CANDY」とこの曲に5月がはっきりと歌われてるんです。この5月って結構ポイントで、この曲が秋の曲だと意外に普通の曲なっちゃううんですよね(それでも良い曲ですよ、もちろん!)。でも季節を5月に設定する事で更に切なさがアップしますよね?新緑と涼風と高い空に包まれたまぶしい風景の中に君だけが居ない。・・・つまり風景画という事なんだと思います。歌詞の中に色を映し出す様な杉さんのセンスが僕はたまらなく好きなんです。細かいところにさりげなく配慮がされていて、どの曲にも印象に残る色を感じる。だからパッと聴いたインパクトが無くても、逆にいつまでも長く聴けるんだと思うんです。

お気に入りの歌詞:もう想い出なんかに負けちゃだめさ

My House(My House)

待ってましたのビートルズ風の曲です^^イントロのハーモニカから始まり、ベースの音もギターの音もビートルズ風。極めつけは松尾清憲とのデュエット!曲もすこしBOXっぽくってまるで洋楽の対訳を読んでるような歌詞の世界が展開されます。ちなみにMy HomeではなくMy Houseというのがミソで、同じ家でもHomeは「家族を含んだ中味」、Houseは「建物」というニュアンスです。(ビニール・ハウスと言ってもビニール・ホームとは言わないですよね(笑))誰も住んでなくてもHouseはありえますけど、Homeは2人以上住んでいないと・・・というニュアンスがある様な気がします。つまり、初めて花が置かれた日に本当はOur Homeにならなければいけなかったのに、同じ建物の中に別々の人が住んでるという状況になってしまったという内容の歌になっています。恋人でも夫婦でも一緒に住む時点で2人で1人という視点にならなければいけないんですよね。だってコーヒーか紅茶かで始まった行き違いで戦場にまでエスカレートするんですもの(笑)それをお説教じみた感じを微塵も見せずにサラッと歌うのはストーリー・テラーとしての杉さんの力量なんだと思います。ちなみに最後の紅茶党の彼女のカップでコーヒーを飲むというシーン(?)が僕はすごく印象に残っています。さてさて、これを読んでいるあなたの家はHomeですか?Houseですか?

お気に入りの歌詞:たとえば君はコーヒーで 僕は紅茶党

Wonderful Life−君がいたから−(Wonderful Life)

Wonderful Life−君がいたから−1990年11月21日に21枚目のシングルとして発表されました。アルバムのタイトル・ナンバーです。実はアルバム・タイトルでありながらWonderful Lifeという単語が曲中に1回も出てきません。逆に、Overlap以降はアルバム・タイトルがどこかしらに隠れていたのにと衝撃を受けました。・・・って、衝撃は言いすぎですけど(笑)杉さんのアコースティック・ギターの真骨頂で、フォーク風というよりはジェームス・テイラーキャロル・キング路線のメロディアスな1曲です。こういう一定のトーンで進む曲って好きなんです。何度でも繰り返し聴けますよね^^逆にしっとりした曲で急にサビでわざとらしく盛り上がる曲は聴いててなんだか照れくさくなっちゃうんです(笑)かつて共に夢を追いかけた友達との事を歌った曲で、様々なアーティストが取り上げている題材です。でも、大抵の場合このタイプの曲は単調なロック・ビートで「あの頃の夢 お前も覚えているだろう Dear Friend!」みたいなのになりがちですよね(笑)ポップスの題材ってビートルズの時点でほとんど出尽くしてると思うんです。あとはその題材をその人の視点でいかに表現するかなんですよね。この曲はその事を強く感じさせてくれる1曲です。

お気に入りの歌詞:人生は素敵な迷路さ

僕のPin-up Girl(Pin-Up Girl)

壁に貼ってあるピンナップ・ガールの事をあれこれ想像してるところがユニークな曲です。アナログでいえばここでA面が終わるという所なんでしょうか。「スタジオ出て 子犬待ってる 部屋に帰る」なんて絶品のフレーズです。一歩間違ったら屈折した世界観になると思うんですけど、そこは杉さんの魔法の調味料がほどよく効いているのでパッと聴くと普通のラヴ・ソングに聴こえてきます。ちなみに屈折するとKANの「テレビの中に」の様になると思うんです(笑)全然違う曲のようですけど、僕はこの2曲の根底に流れているものは同じ様な気がして。同じ様な題材でこれだけ世界観が違ってくる良い比較だと思っています^^さて、話を戻して。個人的にはこの曲って曲調がモータウンぽいので『Mistone』収録の「Davy's Devil」のDavyのお話というイメージがあります。最近の日本の歌詞って主人公が常にアーティスト本人の様な三文私小説っぽい詩が多いですけど、それってどうなのかな〜という気がいつもするんです。(問題発言?)でも、杉さんの様に曲それぞれに違う「僕」がいてそれを全てまとめて聴き手がそのアーティストらしさを感じさせるような人が本当のアーティストの様な気がします。

お気に入りの歌詞:神様が与えた 美しい退屈

サーカスの二人(The Gretest Show On Earth)

杉さんらしい!というか、きっと杉さんにしか書けない曲だと思います。こちらもMy House同様、ビートルズ・テイストに溢れた・・・と言うよりはむしろBOX風の1曲です。とくに1stのBOXPOPS風の印象を受けます。サーカスの一団の中で芽生えた小さな恋にスポットをあてた歌です。途中のクラリネットやホルンのもさることながら、ビートルズファンにはたまらないピッコロ・トランペットの使い方も含めて杉さんらしい1曲です。音楽的には「懐かしき'80」に近いのかも知れません。(スターゲイザーに入ってても違和感無さそうですよね^^)それにしても杉さんがアレンジに加わった曲は全て”らしさ”が強く出ているのはさすがです。試しに編曲に杉さんが加わった曲だけ聴いてみると杉さんの音の好みが浮き彫りになるのでとても興味深いと思います。こうして聴いてみると改めて杉さんって信念をもって音楽を作ってるんだな〜と気付かされたりします。

お気に入りの歌詞:大丈夫 平気だよ その調子

スプラッタームービーブルース(Splatter Movie Blues)

My Houseと同様、価値観の違う2人の歌なんですけど、こっちでは具体的にポイントが絞られています。スプラッター・ムービーが好きな彼女と気の弱い僕という取り合わせです。曲中にはスプラッター映画に良くあるシチュエーションがいくつか登場します。・・・と、言っても僕もあまりこの手の映画は見ないのではっきりとは言えないんですけど(笑)サビのハモリにはこちらにも松尾清憲が登場します。詩だけ読んでも物語として成立していますけど曲とサウンドが加わるともっと鮮明に映像が浮き出てきます。このあたりが単なる曲ではなく物語を作っていると感じさせる所以なんだと思います。

お気に入りの歌詞:気が弱い僕だから はやく ここを出よう

Sisiter Maderinが愛した男(Sergeant Streiker And Sister Maderin)

歌いだしがカッコイイ曲ですよね!でも曲の内容は悲しい宇宙飛行士の歌で、夢を叶えて愛する人を残し宇宙に出たもののロケットの軌道が変わり、地球に落ちていく・・・という話です。そしてその燃え尽きていくロケットを流星だと思った彼女は、それが彼の乗ったロケットだとは知らずに流星に悲しみの無い世界を祈るんです。・・・悲し過ぎる歌ですよね。まるでエリナー・リグビーの様に救われない人々の事を歌っているんです。曲中では宇宙飛行のロケット写真入れのロケットがかかっています。以前Mistoneのソングブックの中に似たようなシュチュエーションの話があったので余計ハッピー・エンドを予想してしまいました。でもこの悲しい気持ちを次のThis Feelingがそっと和らげてくれる展開になっています。

お気に入りの歌詞:その夜 流星を見て 祈ったのさ 悲しみの無い世界

This Feeling(This Feeling)

実質的なアルバムの締めの曲です。「」というのが杉さんのキーワードなんですけど、ここに来てそれを正面切って歌っています。あなたという人に出会えた喜びは子どもの頃に胸をときめかした夢物語と同じくらい素晴らしいことなんだ。という内容の歌です。サウンド的にはバンド楽器が1つも登場しないどころか、珍しくコーラスも無いんです。意外に杉さんのサウンドってちゃんと評価されていない気がしますよね。実はオールディーズっぽい曲をやっても、ロックでも、この様なバラードでもその時代ならではのチョイスがされていて、それが懐かしさと新しさを生んでると思うんです。ポップスっていう音楽を10年以上続けてて十枚以上のアルバムを出せるのはマンネリとの戦いだと思うんですよね。杉さんはそのマンネリに真正面から立ち向かって素敵な音を作り続けてる。似た様なアルバムを何枚も出す事がないのはもちろん、逆に「今回はヒップ・ホップ調にしてみました」みたいに節操のないイメチェンもしないんです。だから僕は杉さんを信じることができるんです。杉さん自身の言葉を借りれば「変わらないものを信じたいんだ」という事になります♪この曲は珍しくコーラスが入らないので、杉さんの歌がストレートに響いてくるところも大好きです。

お気に入りの歌詞:あなたに今日 出会った このときめきは

Happy Ending(Happy Ending)

いわいるカーテン・コールのような曲です。僕的にはここで第3期の杉さんが終わるというイメージがあります。当時はこの曲を聴いた時、しばらく杉さんは音楽活動を停止するんじゃないかと思ったくらいです(笑)それくらい「終わり」の感じが出てるんですよね。(専門用語でコーダ感が出ているなんて言います^^)とにかく今までの杉さんの全てのポップスのエッセンスが5分間にギュッと凝縮されている気がしたんです。こういう風に感じる人がいた時点で杉さんにとってはこの曲は大成功だったのではと思ってしまいます(笑)それにしても「さよなら」という言葉を使わずにこれだけエンディングの雰囲気を出せるのには本当に脱帽です。実はこの曲のエンディング感が僕にとって強すぎたので次のMADE IN HEAVENというアルバムを一時的に聴けなくなっちゃったんです(笑)それは次回に詳しく書きますけど。それにしても2番の「来年の事を話しただけで〜」の一連の歌詞は杉さんの人柄をよく表してますよね^^

お気に入りの歌詞:情けない こんな 僕のことでも 君はたよって くれるかい


収録曲目一覧

太字はシングル曲、Bonus Tracksは2008.03.19の再発盤のみの収録です。

▲このページのトップに